忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/13 06:36 】 |
垣内哲也と大塚光二のバッティング上達法の体験談
正しい バッティングフォームの基礎指導

相手ピッチャーからは必ずカモのようにアウトを取られていた人でも、
チャンスの場面では、敬遠されてしまうようになってしまった方法がこちら




あなたも、こうした悩みを持っているんじゃないかと思いますが、



■バットの芯にボールが当たらない

■ぼてぼての内野ゴロなどで打ち取られてしまうことが多い

■どこができていないのか分らない

■「打てなかったらどうしよう」という不安からバットがなかなか出てこない

■練習試合でもほとんど空振りで野球が嫌に感じている




1日10分程度のトレーニングを7日間くらい続けるだけでも、

打率を大幅にアップさせて飛距離もぐんと伸ばせるようになります。



元プロ野球選手の垣内哲也さんと大塚光二は、現役引退後、2000人以上の方にバッティングの指導を行い、

数え切れない人たちを強打者へと変貌させた実績を持ちます。


1日10分7日間というのも、彼らの指導法のたまもので、

努力を極限まで強制するようなハードな練習をすることなく、

小中学生でも実践できるほど簡単な練習を積み重ねていくことになります。


具体的にどんなことをしていくのかというと、こちらに詳しい解説がありますので、

内容を整理してポイントを上げていくと、




■簡単にスラッガーになれる5つのポイント

■打率がみるみる上がる誰でもできるトレーニング

■プロが実践しているスランプをすぐに解消できる方法

■どんなピッチャーの球でもすんなり引きつけて打つことができるようになる方法

■内外角コースの徹底攻略法


こうした内容となっています。


実際に、垣内さんと大塚さんの指導を受けた人たちからの感想が続々と寄せられていて、

彼らのホームページで見ることができるようになっています。





実践になるとなかなかヒットが出ずに悩んでいましたが・・・

野球が前より楽しくなりました。

「三振ばかりの息子が、まさか打率4割を超えるなんて!」






この方法ならば、バッティングが上手くいかない理由がすべて理解でき、

自宅で一人で練習をすることもできるので、あなたも、






■ヒットを量産できる

■バッティングに対する悩みをすべて克服できる

■野手の間を打球が抜けていく確率が上がる

■内角のボールもジャストミートできる

■どんな球にも対応できるバランスの取れたスタンスになる



こんな風になることができるのではないでしょうか。




どんなスランプが来ても怖くなくなる、プロのバッティングスキルを手に入れるにはこちら








マッスルイングリッシュ
石塚あゆみ
藤井聡 犬のしつけ DVD
フェイスライン 引き締め

PR
【2012/01/11 15:20 】 | 垣内哲也と大塚光二のバッティング指導
野球 バッティング コツ
野球 ドアスイング解消法
【2010/10/25 20:30 】 | 垣内哲也と大塚光二のバッティング指導
| ホーム |